タグ「上野」が付けられているもの

上野動物園に上野の森美術館。家族連れで賑わうこの町は、夜になると、蝶の飛び交うネオン街に変身します。

そんな上野で、高収入のお仕事を探してみませんか?

さて、高収入の仕事に魅力は感じても、年齢で諦めている人はいませんか?


そんな30代以上の女性の皆さん。募集要項を見る前に諦めないで下さい。
募集広告に「30代も大活躍」と書かれていますが、あれは本当と言えるでしょう。

では、何故30代以上の女性が高収入で活躍できるのでしょうか。

高収入の事業を展開するのは、個人経営や老舗店、そしてグループ会社です。

まず、グループ会社からすると、当然複数の店舗を展開することになります。そこで、どの店舗も同じような年齢層の子ばかりを各店舗に置いてしまうとどうなるでしょう?若い子が沢山いると喜ばれますが、そのうちに各店舗のテイストが均質になって来るでしょう。

そこで、グループ会社には多様な店舗を用意することが求められ、幅広い年齢層の女性に募集がかかるというわけです。

また、老舗店等も上野という土地の特徴から有名企業の社員に接待で使われることが多くあります。そうした場面では、女の子の若さよりも、上司や得意先であるお客様に共感してくれること、世代によるギャップが少なく逆に気を使わず、寛げることが求められます。


銀座や六本木と勝負する上野。
ここでは30代以上の女性独特の謙虚さや気品、とても大事です。


30代の女性を募集するのは、こうしたわけです。
募集広告を見てあなたが応募してくれたら、ママも大喜び。


高収入のお仕事、挑戦したいと思った時こそがチャンスです。

何事も、遅すぎるということはない。頑張って下さいね。

藍子は、最初SM店に入って女王様になろうと思ってました。でも、店長から、「未経験なんおで、まずは、M女から勉強してもらいます。女王様よりも単価が高いから、稼ぎやすいですよ。もっとも人気の女王様になると、指名料で稼げるようになりますけど」と言われたので、面接だけで帰ってきました。だって、藍子がしたいのは、お客をイジメルことで、イジメラレルことではないですから。

調べたら、M性感っていう風俗が、お客を攻められるらしいってことで、早速面接に行ってみました。面接官の話を聞くと、つくづく自分に合ってそうだなーと思って、即決! その場で採用が決まったので、あれよあれよとしているうちに上野のM性感店で働くようになってから、かれこれ1年経ちました。

M性感のお仕事が面白いのは、お客を思い存分(といっても失神しない程度に加減はしますよ!)責められることと、お客さんのギャップですね。責めるのは、文字どおり言葉責めやお尻周りの刺激です。ちょっとだけデリヘル嬢をしてたときは、本番強要の客が本当にウザかったけど、M性感では、お客は受け身だけだから、襲われることはないし、やばそうな客だなって思ったら、足枷、手枷で拘束してしまえば、その心配もありません。思い存分、アナルをオモチャで攻めてたりしてヒイヒイ言わせてます。

言葉責めも楽しいですよね。基本的に、実況です。「あらー、ガマン汁垂れてるよー。もうイッちゃうのぉ? ここ感じるぅ~?」ってエロオヤジがやってそうなことを言うだけなんですけど、普段、そんなこと言われないだろうから、焦ったり、恥ずかしがったりするわけですね。それを見ると、ほんと飯ウマものですよ。

最後は、ギャップですね。夜に相手するサラリーマンの客は、たいだいスーツで来ます。ネクタイも締めたりして、ちゃんとあいさつもしてくれます。そのまま名刺でも渡されるって勢いの。さすがに名刺は出さないけど、そうしたお堅い感じの人が多いって話です。そんなお客さん連中が、「もっとぉ~!」「やめてぇ~!」って絶叫しながら、お尻の穴をグリグリされて、髪を振り乱して悶絶するのです。中には、ちんちんをまったく触らなくてもエネマグラで前立腺刺激すると、射精しちゃう達人もいて、男性器の奥深さを感じ入る場面もありますw。ひとしきりプレイを楽しんだ後は、スーツを着て、ネクタイを締め、また、嘘のように何食わぬ顔をして部屋を出て行くのですから、人の性癖って外見からはわからないものですね。

若いころって、ただ身体を重ねて、一時だけの快楽を貪っておしまいっていうことが多かったように思います。こう書くと、ずいぶんおばちゃん?て思われるかもしれないけど、まだ、30代なので、おばさんくらいにしておいてください。女を捨てたわけでも、性欲がなくなったというわけでもないのですが、それらを超越した楽しさを知ってしまったので、たぶんこのままなんでしょうね。

わたしは、上野のSM店でミストレスをしています。ミストレスは、"マスター"の女性版です。SM店のS役の女性を女王様と呼ぶことがありますが、ミストレス=女主人と呼んでほしいと思っています。客は、私の支配下にあり、服従させる側なので。だから、初めての客で、馴れ馴れしく「女王様」と呼んでくるM男には、容赦なく鞭で叩きます。そして、「ご主人様」と呼ぶように躾けます。

自分で言うのもなんですが、最初からミストレスとして生きてきたわけではないのです。以前、私がデリヘル嬢をしていたとき、とある客が、寸止めを求めてきました。射精直前にペニスへの刺激をやめ、射精を抑制するというものです。彼がイキそうになるのと手コキを止める、また、手コキをしてイキそうになるのを止めるという射精コントロールをするうちに、彼は、射精よりも増して、嬉しそうな表情をするのです。ここで、少しずつ彼を支配している自分に興奮を覚えました。

そして、何度目かの指名のとき、彼は自前のペニパンを差し出して、これで自分を犯してほしいと言ってきたのです。そこで、面白半分で彼を犯してやりました。ペニパンを使ったことのある人ならご存知だと思いますが、あれを女性が身に着けて、男性を犯しても、女性は、肉体的に何ら快感を得ることはないのです。ただ、痛みで顔を歪ませる客を見ていたら、これまでにない興奮が、私の全身を包み、悲鳴を上げる客を無視してガンガン腰を振って犯してやったのです。ローションも使わず、激しく突いたので、客は、肛門周辺が切れ、出血していました。それでも客は、泣きながら感謝してきました。彼は、痛みで泣いているのではなく、苦痛を通じて喜びを感じていたのです。

このことがきっかけで、私の中に「誰かを蹂躙し、支配したい」という欲求が高まり、抑えられなくなりました。そして、自分が客に奉仕することが馬鹿らしくなり、SM店に入店したのです。その彼は、今も私のもとに訪れます。調教のおかげで、だいぶ行儀よくなりましたよ。