タグ「ソープ」が付けられているもの

闇金の取り立てにどうしようもなくなって、"ソープに沈める"なんて言葉を聞いたことはありませんか? 漫画の『闇金ウシジマくん』ではありませんが、そういうのは、漫画の話だけで現実にはないと思ってました。実際に、自分がその立場に陥るまでは。

詳しく書くともっとひどい目に遭うかもしれないので書けませんが、今、春香は、横浜のソープランドで働いています。といってもまだ入店したばかりです。初日は、嫌で嫌でずっと泣いてました。3日目からは、逃げられないってわかったので、あきらめて働いています。でも、予約が入らない日は、店長から講習です。これも嫌で仕方ありません。しかし、お客が付かないときは、この講習でもらう1万円が、その日の稼ぎであり、これがないと寮費の支払いにも影響します。ほとんどが借金返済に回されるのは言うまでもありません。

ソープ店の勤務は、大きく早番、遅番とふたつに分かれています。早番が、日の出の開店時から夕方まで、遅番が、お昼過ぎから零時の閉店までです。ほとんどの風俗店がそうであるように、仕事終わりの夜から深夜帯の方が、需要は高いです。朝からムラムラする人は、比較的少ないですし、時間の自由度が違います。春香には、借金返済という目的があるので、遅番でより稼ごうとしているのですが、先ほど書いたように、指名が入らないと店長の講習があります。ひどいときには、ほかの店員からの講習もあるのです。

彼らは、お客と違って、加減せず、乱暴にするので、身体が痛くて仕方ありません。中出しこそありませんが、最後までしますし、フェラチオ指導だと言って、30分以上も咥えさせられたこともあります。そんな日は、お昼過ぎでもうクタクタで、運よく指名が入っても、まともな接客ができません。フラフラで、アソコは痛いわで、マグロ状態です。すると、地雷嬢だとか、サービスがなってない、お店でどんな指導をしているんだとか、なんとかアンケートに書かれて、また、店長から、講習と称してヤラレルわけです。このときの講習は、ペナルティなので、ただヤラレルだけで一銭ももらえません。

しかし、そんな極悪な時期を2カ月過ごしたあたりから、少しずつ指名が取れるようになってきました。まだ、指名ランカーには晴れませんが、写メ日記の閲覧数はベスト4になて、関心を引けるようになってきたかなという気がしてきました。借金返済まで、まだまだ先が見えませんが、何とか頑張っていきたいと思います。